ハワイ旅行

子連れハワイ旅行でのベビーカーはどうすればいい?【2019年4月最新ベビーカー情報】

子連れ海外旅行で人気のハワイ。
子連れハワイでいちばん頭を悩ますのがベビーカーの問題。

親友・こまち
親友・こまち
大きなスーツケースにベビーカー…荷物が多くなる上に、子どもはまだまだ手がかかる年齢。
ベビーカーを家から持参するのか…
現地でレンタルすべきか、はたまた現地で購入すべきか…子連れハワイ旅行は悩みがたくさん。

結論から言うと、
持参・レンタル・現地購入、すべてメリット・デメリットがあります。

わたし自身も、子連れで3回渡ハ経験があるので、その時の状況を踏まえて、最新ハワイベビーカー情報も収集しました。

この記事を読み終えると、ベビーカー問題の解消につながります。

ハワイでベビーカーが必要かどうかまず考えてみよう!

まず、自宅から空港までは電車・自家用車で行くのか手段や距離もあります。空港内は航空会社から搭乗口ギリギリまでベビーカーを貸してくれるのでハワイ現地に到着してからのことを想定して記事にしています。

  • 子どもの月齢を考えよう!
    腰が座る前後でA型なのかB型ベビーカーなのかどのタイプか子どもの月齢で決まります。
    また、普段の様子でお昼寝をするのかしないのか
    しっかり歩く子なのかそうでないのか…
    4歳を過ぎるとお昼寝をしなくなったりするので、子どもの年齢でみるのも。
  • パッケージツアーもしくは個人手配なのか旅行形態で異なる
    パッケージツアーで行く場合は、事前に旅行会社でベビーカーのレンタル予約ができる。
    JTB,HIS,近畿ツーリスト等大手旅行社は現地のツアーデスクでベビーカーのレンタルサービスを
    しています。日本からの事前申し込みでないと在庫がない場合もあるので
    悩む場合は
    予約だけしておこう。
    個人手配の場合はこういったサービスは受けれないので注意が必要。
  • 移動手段を考える
    レンタカーやタクシーを利用する場合、ベビーカーがあってもなくてもそんなに問題ない。
    トロリーやThe Busを利用する場合は、ベビーカーを折りたたむ必要があり
    その場合はコンパクトなB型がおすすめ

ハワイ,ベビーカー,バギー,レンタル
↑ 4歳と1歳2ヶ月

ハワイでのベビーカーレンタルのメリット・デメリット

旅行会社でレンタルする場合…

メリット
・行きから荷物が少なくてすむ
・無料レンタルならお金がかからなくてラッキー

デメリット
・使い慣れているベビーカーと違うことで子どもが嫌がることもある
・繁忙期は貸し出しされていて借りれないリスクがある(事前申し込みしなかった場合)
・無料レンタルベビーカーは使いまくられているので古い・汚い・ダサイの3拍子

 

クレジット会社ラウンジでレンタルする場合…

JCBラウンジ・楽天カードラウンジ・Ohanaラウンジなど。

カードランクにかかわらず、クレジットカード所有者に限流が、比較的キレイなベビーカーを無料でレンタルができます。

いずれも事前予約ができず、最長で7日間と期間に縛りがありレンタル可能なベビーカーが30台ほどと少なく貸出不可が多いのが最大のデメリット。

ワイキキの中心部の位置にあるため、場所がわかりやすいのは助かりますが、3ラウンジすべてのベビーカーが貸出中ってこともありえます。

※なぜなら、ハワイには毎日4,000人程度の日本人が入れ替わりハワイに入国しているからです。貸出数からいくと借りれないこともありえます。

楽天カードをJCBブランドで作成すれば上記3つのラウンジを利用する事ができます。




ハワイにベビーカーを持参する場合…

メリット
・使い慣れているので親も子どももストレスなく使える
・お金がかからない(ベビーカーは飛行機の荷物や積載量にカウントされない)

デメリット
・行き帰りともに荷物が増える
・形によるが大きいベビーカーだとトロリーなど乗る場合は邪魔になることもある

ハワイのウォールマートやトイザらスで現地購入する場合…

メリット
・新品でデザインを選ぶことができる
・ハワイの記念になる(帰国してもハワイに浸れる笑)
・初日にすぐ買い物に行動できる(アラモアナのトイザらスやウォールマートなど)

デメリット
・初日にわざわざ買いに行く手間が増える(アラモアナのトイザらスやウォールマートなど)
・安くても1台 20ドルはお金が必要になる
・売り切れ等で購入できない場合がある(子どもの体重が商品選びに関わってくる)
・子どもが嫌がって乗らない場合もある
・帰りは荷物がさらに増える(ホテルに置いてくる手段も取れるが…)

有料レンタルを利用して確実にベビーカーを借りる場合…

わたしは、ハワイでのオプショナルツアー予約にはいつも「トラベル・ドンキー」を利用しますが、トラベルドンキーならネット予約 1日3ドルでレンタル可能。

口コミも良いので、有料ベビーカーレンタルならトラベルドンキーがおすすめ。

ちなみにわたし自身は、2回とも以前ビーチウォークにあったエアバギーでレンタルをした第1号者です(笑)

エアバギーの走行性が好きなのと、子どもがバギーっ子だったので、エアバギー本社にメールで、ハワイ店でレンタルできないかと嘆願し「レンタルサービスを考えていなかったので万が一の責任は追えませんが…」と、本社担当者よりレンタル許可をいただいた第一号者(笑)
昨秋に、エアバギーハワイ店が営業を終了したのでご案内できず残念です。
ハワイ,ベビーカー,バギー,レンタル




ホテル独自のベビーカーレンタルサービスを利用する場合…

トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチウォークに宿泊の場合は
「トランプ・アタシェイ」というサービスプログラムを受けることができます。
ハワイ,ベビーカー,バギー,レンタル

  • ベビーカーのレンタル
  • ベビーベットやベビーガードの設置
  • 赤ちゃん用のアメニティ

宿泊者へのサービスが手厚いのでトランプタワーに宿泊の方は、ベビーカーの心配はありません。
数に限りがあるので、事前リクエストすれば問題なし。
種類はエアバギーと聞いているので、大きさや形が好まない場合は、事前に他の種類がないか確認するとなお良いですね。

 

2019年最新ハワイベビーカー情報はいかがでしたか!?
ベビーカーのレンタル・購入・持参どれをとってもメリット・デメリットがあるので
子どもの月齢・移動手段・日数等を参考にしてみてください。

我が家はもう7歳・5歳になったのでベビーカー問題からは解放されましたが、息子1歳半の初めての子連れハワイはエアバギーで有料レンタル。
息子 4歳、娘1歳2ヶ月も同じくエアバギー有料レンタル。

子どもが小さい頃はベビーカーや食事のことなど事前調査は必要でしたが、それでも楽しいハワイ旅行だったな〜と思います。

ハワイ,ベビーカー,バギー,レンタル

 

子連れハワイ旅行・ツアー会社選びで悩むならここで決まり!

ハワイ旅行を専門に扱う旅行会社へ一括見積もりが無料で可能です。

ハワイを知り尽くした旅行会社なので、あなたの事細かな旅行プランに対応してくれる上、無料で一括見積もりすることで問い合わせに時間と手間がかからないのが特徴!

・複数問い合わせやプランニング等面倒な作業の解消できます
・ハワイ専門旅行会社(旅行のプロ)からプランをもらうメリット
・複数の旅行会社に問い合わせすることで価格の一致
・子連れハワイ旅行だからこそただのパッケージではなく、オーダーメイドでのプラン組み

完全無料一括見積もりで、ハワイ旅行を自分好みにアレンジして楽しい旅作りを!

 

マイルのお得な情報を知りたい方はLINE@へ↓